新得町議会会議録

平成6年 臨時第3回

新得町議会会議録


開 会  平成6年5月16日
閉 会  平成6年5月16日


新得町議会




          第 3 回 臨 時 議 会 会 議 録 目 次

第1日目(6.5.16)

〇開会の宣告 ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ3

〇会議の宣告 ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ3

〇日程第1 会議録署名議員の指名 ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ3

〇日程第2 会期の決定 ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ3

〇諸般の報告 ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ3

〇行政報告 ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ3

〇日程第3 報告第6号 専決処分の報告について ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ4

〇日程第4 議案第34号 物品購入契約の締結について ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ5

〇日程第5 議案第35号 平成6年度新得町簡易水道事業特別会計

      補正予算 ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ8

〇日程第6 陳情第2号 新得町議会議員定数削減に関する陳情書 ヲヲヲヲヲヲ9

〇閉会の宣告 ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ9



               平成6年臨時第3回
            新 得 町 議 会 臨 時 会
              平成6年5月16日(月曜日) 午後1時30分開会

〇議  事  日  程
日程番号議 件 番 号議件名等
  1 会議録署名議員の指名
  2 会期の決定
  諸般の報告
  町長行政報告
  3報 告 第6号専決処分の報告について
  4議 案 第34号物品購入契約の締結について
  5議 案 第35号平成6年度新得町簡易水道事業特別会計補正予算
  6陳 情 第2号新得町議会議員定数削減に関する陳情書

〇会議に付した事件
        会議録署名議員の指名
        会期の決定
        諸般の報告
        町長行政報告
報 告 第6号 専決処分の報告について
議 案 第34号 物品購入契約の締結について
議 案 第35号 平成6年度新得町簡易水道事業特別会計補正予算
陳 情 第2号 新得町議会議員定数削減に関する陳情書

〇出席議員(17名)
    1番 石 本   洋 君   2番 金 村   広 君
    3番 湯 浅   亮 君   4番 佐 藤 徳 治 君
    5番 吉 川 幸 一 君   6番 原   和 雄 君
    8番 竹 浦   隆 君   9番 黒 沢   誠 君
    10番 福 原 信 博 君   12番 平 川 吉 勝 君
    13番 広 山 麗 子 君   14番 高 橋 欽 造 君
    15番 小 川 弘 志 君   16番 武 田 武 孝 君
    18番 金 沢 静 雄 君   19番 森     清 君
    20番 橘 井 良 夫 君

〇欠席議員(2名)
    11番 安 倍   忍 君   17番 菊 地 康 雄 君

〇地方自治法第121条の規定により、本会議に説明のため出席する者は、 次のとおりである。
    町長  斉藤敏雄  君
    監査委員  斉藤 仁  君

〇町長の委任を受けて説明のため出席する者は、次のとおりである。
    助役  高橋一郎  君
    収入役  川久保   功  君
    総務課長  富田秋彦  君
    企画調整課長  鈴木政輝  君
    建設課長  常松敏昭  君
    商工観光課長  清水輝男  君
    水道課長  西浦 茂  君
    庶務係長  山本信夫  君
    財政係長  畑中栄和  君

〇職務のため出席して議会事務局職員
    事務局長  渡辺和雄  君
    書記  広田正司  君

     ◎ 開 会 の 宣 告
◎議長(橘井良夫君) 本日の欠席届出議員は、11番 安倍 忍君、17番 菊地康雄君の2名であります。
◎議長(橘井良夫君) これより本日をもって招集された平成6年臨時第3回の新得町議会を開会いたします。
                           (宣告 13時30分)



     ◎ 会 議 の 宣 告
◎議長(橘井良夫君) ただちに会議を開きます。
 議長において作成いたしました本日の議事日程は、別紙お手元に配布いたした通りであります。



     ◎日程第1 会議録署名議員の指名
◎議長(橘井良夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において、16番 武田武孝君、18番 金沢静雄君を指名いたします。



     ◎日程第2 会 期 の 決 定
◎議長(橘井良夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
◎議長(橘井良夫君) ご異議なしと認めます。
 よって会期は、本日1日と決しました。



     ◎ 諸 般 の 報 告
◎議長(橘井良夫君) 諸般の報告は、朗読を省略いたします。
 別紙お手元に配布の通りでありますので、ご了承願います。



     ◎ 行 政 報 告
◎議長(橘井良夫君) 次に、町長より行政報告の申し出がありますので、これを許します。
◎町長(斉藤敏雄君) 4月19日の臨時第2回町議会以降の行政報告をさしていただきます。
 1,2ページにつきましては、各種団体の総会等でありますので省略をさしていただきます。
 3ページの後段にまいりまして、4月25日には、屈足22号坂の拡幅舗装工事の入札を行っております。
 同じ日、帯広開発建設部に国道38号線の自歩道の整備につきまして、陳情要請を行っております。これは、新得市街地区の新栄橋から南3丁目までの間、国道38号線の東側でありますが、歩道が未設置であります。それから、もう一つは、北新得の13号からサホロリゾート地までの間の歩道の設置について要請をいたしております。新栄橋から南3丁目までの間につきましては、早速、今年から実施の調査に入るという回答をいただいておりますし、それから北新得の13号からリゾート間の問題につきましても緊急性を考慮し、設置に向けて検討する、という回答をいただいております。
 4ページ後段の方にまいりまして、東京ふるさと新得会の芦田会長さんがご逝去されました。収入役が告別式に参列をいたしております。
 また、4月27日には、姉妹町であります五ケ瀬町の藤田唯重町長がご逝去されまして、副議長と共に町葬に参列をいたしました。年齢は72歳でございました。謹んでご冥福をお祈り申し上げる次第でございます。
 それから4月27日から29日までの間、議長と共に山形県東根市、及び宮城県の涌谷町の行政視察をさしていただきました。ご承知のように、本町の開拓の祖であります村山和十郎さんの里でございます東根市とは、今日まで大変、交流を深めてまいったわけでありますが、この機会に友好都市盟約の機運も高まって来たという事で、今年の秋をめどに双方で事務的な作業を進めて行こうじゃないかという事が、話し合われておりまして、今後そうした形でその準備作業を進めてまいりたいと考えています。
 それから4月29日には、クラブ・メット サホロ夏の村がオープンいたしました。 6ページにまいりまして、5月2日に、総合開発促進期成会の総会を開催してししました。この総会では、規約の一部改正を行いまして、この期成会を町づくり推進協議会に名称を改めまして、この委員が中心となりまして今後、第6期の新得町の総合計画の策定を進めてまいる事にいたしました。
 次ページにまいりまして。5月9日には、全国農道離着陸場検討懇談会が行われていまして、助役が出席したわけでありますが。これは全国で9地区の農道離着陸場の設置市町村が、相互に連携を取り合って、それぞれ抱えている課題や、あるいは多目的な利活用の問題、今後の在り方等につきまして協議検討がなされております。
 8ページにまいりまして、5月12日には、新得地区農村総合モデル事業第61工区工事以下4件の工事入札が行われまして、それぞれ落札をいたしております。
 以上であります。



     ◎日程第3 報告第6号 専決処分の報告
◎議長(橘井良夫君) 日程第3、報告第6号 地方自治法第180条第1項の規定に基づき町議会の議決により指定した事項の専決処分の報告がありましたので、お手元に配布してありますが、この報告に対して質疑はございますか。
◎4番(佐藤徳治君) 除雪車の接触車両という事でありますが。一つは、雪が多かったせいか、除雪車がですね、町施設の道路の縁せきなど相当壊しているんですね。そこから全体的に、調査をする事が一つとね、早急に回復していったらいいんでないかという事と、除雪車による車両損害した状況はどうなっていて、どうなったのか、ちゅう事、報告をしていただきたいと思うんです。以上。
◎建設課長(常松敏昭君) お答え申し上げます。雪が大量に降りまして、歩道等の縁せき等をかなり壊しているという事でございましたけど、随時この部分については直してまいりたいと思っております。また、除雪車の車両の関係でございますけど、現在、12台でもって除雪を行っております。除雪の人員でございますけど、職員3名と、協同運輸の委託者2名と、臨時的に冬期間に雇用しています7人の計12名で実施しております。事故の内容でございますけれども、この事故につきましては平成6年の2月18日に午後4時45分ごろ、新得市街の除雪作業を終了しまして、農協の給油所において、給油をいたしておりました。その時は、車両は1台もなかったわけですけれど、給油を終えまして進路を変更するためにバックをしたところ、1台の乗用車がございまして、接触破損したものでございます。
◎議長(橘井良夫君) 他に。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
◎議長(橘井良夫君) なければ、これをもって報告第6号を終結いたします。



     ◎日程第4 議案第34号 物品購入契約の締結について
◎議長(橘井良夫君) 日程第4、議案第34号 物品購入契約の締結についてを議題といたします。
 提案者から提案理由の説明を求めます。
◎総務課長(富田秋彦君) 議案第34号 物品購入契約の締結について、ご説明申し上げます。1、契約の目的ですが、国民宿舎東大雪荘利用客送迎車の購入でございます。2、購入契約をする物品名及び数量ですが、三菱ハイデッカー、EX観光、42人乗り1台でございます。3、形式は、三菱製U−MK626J、T型でございます。4、契約の方法ですが、指名競争入札でございます。5、契約の金額、19,98万2,000円でございます。6、契約相手方ですが、帯広市西19条北1丁目1番10号 帯広三菱ふそう自動車販売株式会社、代表取締役 小島謙之助でございます。納期は、8月10日とさせていただきました。なお、裏のページに資料として仕様書を添付しております。以上よろしくご審議を、お願いいたします。
◎議長(橘井良夫君) これより質疑に入ります。質疑がありましたら発言を許します。
◎4番(佐藤徳治君) 一つは、これ入札による購入なのか、指定して随契をやったものか、これが一つと。もう一つは、運営方針に係りますが、これは町財産として位置づくわけですね。従って運営諸経費、バスの運行内容、それから人件費ですかね、運転手ですかね。そういった諸々のバス運営に関する方針というものを聞かせていただきたい。もう一つは、なかなか上手なやり方だなと思うんですが、1,500万を寄附して2,000万近い買いものをすると、大変結構、買う方としては、なかなかいい考え方だと思うんですが、こういう問題に対する町の見解を一つ聞かせていただきたい。3点お伺いします。
◎総務課長(富田秋彦君) お答えいたします、1点目の入札によるものかというご質問でございましたけども、指名競争入札による方法で契約をいたしました。入札の方法ということでございます。指名競争です。それから2番目は。
             (「運営」と言う者あり)
◎商工観光課長(清水輝男君) お答えいたします。運営方針という事でございますけど、バスの財産につきましては町の財産というに決めてございます。それで、それに伴う車検ですとか、諸費用、これらについては町の会計でまかなっていきます。それで、バスの運行に当りまして、掛かります燃料、それからそれを運行する運転手については、観光振興公社の方で行っていただくという事でございます。そんな事で、現在、運転手につきましては、公社の方で2名のかた抱えてございますんで、かなり熟練されたかたでございますんで、その辺についても心配はないんでないかと考えています。そういう形で、運営をしていくと。
◎企画調整課長(鈴木政輝君) お答えいてします。予算上の措置の取扱という事でないかと思うんですが。一般のかたからの寄附がありましたら、それは町として歳入で受けますという事で決着は付きます。それから、車の方の購入は、あくまでも購入として町がお金を出すという扱いでございまして、前の時も若干お話した内容の通りでございますから、財政上、特に問題があるという事はありませんし、受けるものは受ける、掛かるものについては費用を町が負担して購入するという方針、これからも、また、続いていくと考えております。
◎4番(佐藤徳治君) この2名の運転手っていうのは、観光公社の方のスタッフでやるというのかどうか、と。それから私はあまりイメージ持っていないんだけれども、使い方、どう使おうが燃料その他一切そっちで持つという事だから、それは構わないんだろうが、観光公社のやつだから、町の行事だとかそういった時に一切借りられないという性質のものになるか、空いている時はそのまま自由に使えるという事になるのか、それから何名なんちゅうのを限界をもっていてですね、これを超えた時に使うとか、いろいろあるんだろうと思うんですよね。5、6人でバス走らせているっていうのは、たまったもんでないですよね。そんなものもあるので、そういった使い方の規定みたいなものはあるのかないのか、そんな事も聞かせてもらいたいんですがね。それから予算上の3点目ですけれども、少しですが、利益あげた金をですね、一端寄付してこれ買ってもらうというやり方は大変利口なやり方だと思うんですがね。税務署なんかそういうようなところ目を付けでですね、ちょっとなんかおかしいんでないかっていう、こういうような事があるかないか。そういう事があれば、あろうがなかろうがですね、違法性はないんでないかと思うんですがね。そういう動きなんかどんなものかなあっていう、以上です。
◎商工観光課長(清水輝男君) お答えいたします。運転手のスタッフの関係でございますけれど、これは観光振興公社の職員のかたにお願いをするということでございまして、町の方からは運転しないと。この中には支配人とそれからもう1人54歳のかたが運転されると、2名のかたで運転をしていただこうという考えをもってございます。この空いている時に町の行事等で使用できるのか、という事でございますけれど、やはり向こうの会社側の必要という事で、購入もしてございますので、これら等については送迎用専門にという事で考えてございますので、町の行事等があるからこちらに回すという形は考えてございません。それから、使用の規定という事でございますけど、現在その規定については作ってございませんけど、概ね、今、言われましたように5名でこの車で迎えに来てくれとか、そういう事については、お断りをしていきたいと、概ねやはり10名以上のかたになってきますというと、送迎しようかなとそしてこれにつきましては、管内それから従来もいろいろ要請があって対応しておりました富良野程度まで範囲としようという事で札幌からですね、送迎してくれとか、言われましても無理だと思いますので、中心的には十勝管内を中心に行っていきたいと考えてございます。
◎企画調整課長(鈴木政輝君) お答えいたします。あくまでも寄附、先ほども申し上げました通り、寄附がありましたら、それは町としてお受けするという事だけでございます。そのことによって、どうのこうのという事はございませんので、あくまでも町は必要なもの、車購入すると、町費で購入するという事でございます。
          (「公式には問題ないと」と言う者あり)
 問題はまったくありません。
◎4番(佐藤徳治君) 運転者は向こうでというんですが、固有名詞聞かなかったんですけれど。あそこの管理人みずから運転してたという経緯があるから、そういう事になるのか、ならんのかという事、確認しておきます。
◎商工観光課長(清水輝雄君) 支配人についても、送迎に、このバスの運転して、たずさわっていただくと、ゆうに考えてございます。それともう1人、54歳のかた、2人で対応しようと事で考えてございます。
◎議長(橘井良夫君) 他に。
◎委員(森 清君) ちっと1点だけ、お伺いしますけれど。購入先は、三菱ふそうという事でございます。これ使用される意見が取り入れられているのか、更には、ただ金額だけで指名競争入札、これが原則ですけど、そういった使われるかたの、やはり車それぞれの特徴があって、ちょっとなんだか不満の声も聞いたんで、その辺をちっとお尋ねいたします。
◎総務課長(富田秋彦君) お答え申し上げます。担当の現場の意見を聞いておるかというご質問でございますが、資料として仕様書を添付してございます。この中でそれぞれの意向を汲みながら、これをベースにして指名競争入札を行った結果、この仕様書に基づいて落札をしたという経過でございますから、一定の、すべてがどうか、という事になりますと、すべてが100%という事では言えないかもしれませんが、一応の現場での意向は汲んだというふうに判断をいたしているところいございます。ご理解をいただきたいと思います。
            (「はい了解」と言う者あり)
◎議長(橘井良夫君) 他に。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
◎議長(橘井良夫君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 本件について討論はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
◎議長(橘井良夫君) 討論はないようですので、これより議案第34号を採決いたします。
 本案は原案の通り決する事に賛成の諸君の挙手を求めます。
                 (賛成者挙手)
◎議長(橘井良夫君) 挙手多数であります。よって議案第34号は原案のとおり可決されました。



     ◎日程第5 議案第35号 平成6年度新得町簡易水道事業特           別会計補正予算
◎議長(橘井良夫君) 日程第5、議案第35号 平成6年度新得町簡易水道事業特別会計補正予算を議題といたします。
 提案者から提案理由の説明を求めます。
◎助役(高橋一郎君) 議案第35号 平成6年度新得町簡易水道事業特別会計補正予算、第1号について、ご説明申し上げます。第1条といたしまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ32万7,000円を追加いたしまして、予算総額を4,710万1,000円とするものでございます。5ページの歳出をお開きいただきたいと思います。今回の補正は、1款の事業費で道営屈足緊急畑総事業の水道管移設工事代の補正でございまして、本管の移設延長が当初170メーター予定しておりましたが、これを14メーター伸ばした事によるものでございます。なお、歳入は諸収入といたしまして、道からの受託事業収入を同額計上いたした次第でございます。以上で説明を終わります。よろしくご審議をお願いいたします。
◎議長(橘井良夫君) これより質疑に入ります。質疑がありましたら発言を許します。
◎4番(佐藤徳治君) 本件は、畑総事業の延長でありますので、質問もないし、その結構なわけですけども、同じ水の関連ですからちょっと質問さしてもらいたいんですが。ごみ処理場の水道がね、全然、使えない。これある人が報道したんですが、私、実態調査してみたら同じ問題なんですね。これ問題ありますけども、今の質問はね。だけれども、町民が困っている問題だから関連して答弁してもらえばいいわけですね。いいですかこの問題、答弁しますか。
◎助役(高橋一郎君) ごみ処理場に飲み水が出ないという問題だと思いますが、実は水圧の関係等がございまして、若干そういう事態が生じていたようでございます。従いまして、早速、現在その施行方法、検討しておりまして、6月中には、これを飲めるように、水が上がるようにしたいという事で、今、検討進めているところでございます。
◎4番(佐藤徳治君) 今までの方法は、まずかったという事になるのかな。施行方法を変えるちゅんですから、検討するちゅんですから。今までのやり方では駄目だという事になりますかな。そこでね、どうせなら飲める水があった方がいい、と思うんですね、飲めない水じゃあ駄目だろうと思うんです。特に、切実に感じておられるだろうと思うんですけどね、あそこは蒸し暑い所だし、ごみだらけの所だしね、どうしても水がなければ駄目だなぁと思います。そこでね、考えてみるに約2年あまり、出たり出なかったり、ストップしたりですね、いろいろだったんですよ、困った施設だなと思っておったんですが、これほど、止まってから約1年経過してるんですよ、ピタリとね。これどうして、これ改善されなかったのかちゅう点もね、含めて答弁してください。
◎助役(高橋一郎君) 実は、大変不面にして、我々がその内容を承知したのが極めて最近でございます。現場の段階で何とかしようという事で、いろいろ苦慮してたという事でございまして、承知いたしまして早速、水が出るようにしようという事で取り組んでいるわけでございまして、ポンプアップの仕方と言いましょうか、途中でちょっと詰まっていたりしてたようでございます。お金を掛ければ直ぐ解決する問題でございますので、まあ、今後、こういう事のないようにですね、困ったことがあったら直ぐ必要な措置を取れるようにという事で現場の方も、今後そういう形で進むという事で、あまり自分たちで何とかしようという事、こうやっておりますとね、結果としてそれが当人にとって非常に不便な事にもなりますし、反省すべき点であろうと考えております。
           (「分かりました」と言う者あり)
◎議長(橘井良夫君) 次。なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 本件について討論はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
◎議長(橘井良夫君) 討論はないようですので、こけより議案第35号を採決いたします。
 本案は原案の通り決する事に賛成の諸君の挙手を求めます。
                 (賛成者挙手)
◎議長(橘井良夫君) 挙手多数であります。よって議案第35号は原案のとおり可決されました。



     ◎日程第6 陳情第2号の審査について
◎議長(橘井良夫君) 日程第6、陳情第2号の審査について議題といたします。
 お手元に写しを配布いたしてありますように、陳情第2号 新得町議会議員の定数削減に関する陳情書が提出されました。
 お諮りいたします。
 ただ今、議題となっております陳情第2号は、議員定数調査特別委員会に付託したいと思います。
 これにご異議ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
◎議長(橘井良夫君) ご異議なしと認めます。
 よって、陳情第2号は、議員定数調査特別委員会に付託し、審査をする事に決しました。
 閉会中の継続審査といたします。
 これをもって、本会議に付議された案件の審議は、すべて終了いたしました。
 よって平成6年臨時第3回新得町議会を閉会いたします。
                           (宣告 13時57分)



  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

    議長

    署 名 議 員

    署 名 議 員

HAGA's Web Site